鶴川胃腸科 内科 糖尿病内科 デジタルレントゲン装置

当院では最新のデジタルレントゲン装置を導入しております。

 

・低線量でも撮影が可能のため、レントゲンの被曝量が軽減されます。

・撮影から数秒で画像を見ることができ、すぐに診断が可能です。

・コントラスト調節や拡大縮小、以前のレントゲンとの比較などがスムーズに行え、診断能向上に寄与しております。

・咳が続いている、息苦しいなどの症状がある際は、胸部のレントゲンを、腹痛、嘔吐、便秘などの際は、腹部のレントゲンを撮影してすぐに診断が可能です。

・上部消化管造影検査もすぐに画像が見られますが、複数枚の写真をじっくり時間をかけて診断しますので、結果のご説明は原則後日となります。